債権回収を弁護士に相談するガイド

債権回収を弁護士に依頼する際に要する費用に関すること。
未分類

債権回収のコツ

債権者が債務者から債権を回収する事を「債権回収」と言います。「債権」とは一般には未払い金を指しますが、元々の意味は「当然行うべき行為を債権者が債務者に求める事ができる権利」です。あくまで債権者から見て「権利」なのであって、債務者から見れば同じものが「義務」、つまりは「債務」になります。

債権回収を実際に行う場合、そのやり方にはいくつかのパターンがあります。大きく3つに分けると、以下のパターン分けができます。まず、債権者と債務者という当事者同士だけが、第三者を交えずに交渉を行うケースです。もっとも円満な解決が期待できる反面で、話し合いをまとめるのは困難で、交渉の長期化は覚悟しなければなりません。

なぜなら、この場における話し合いは、債権を支払ってほしい債権者と、債務の支払いができない債務者という平行線になってしまいがちだからです。どちらも譲歩ができない場合、交渉は全く進展しません。ただただ時間だけが過ぎていく事になります。

債権者が次に選べる手立てとしては「法的手続きを選ぶ」パターンがあります。最も簡易な法的手続きは「支払督促」ですが、債務者が異議を申し立てた場合は民事裁判に発展します。そうなると債権回収のゴールはますます遠くなります。債権回収時には、いっそ最初から弁護士に相談した方が無難です。弁護士に相談する事には様々なメリットがありますし、何より第三者を交える事で、冷静に交渉を進める事ができます。