債権回収を弁護士に相談するガイド

債権回収を弁護士に依頼する際に要する費用に関すること。
未分類

事前に債務者の資産状況を確認しよう

債権回収において、突き詰めれば債権者は「債権を支払え」、債務者は「債務を支払えない」という主張に行き着きます。弁護士に相談していない場合は、交渉は全く進展しないでしょう。ここで、債権者としては一つ知恵を持っておきたいところです。本当に債務者は「債務を支払えない」のでしょうか?債権回収の際にはまず、事前に債務者の資産状況を確認しましょう。十分な資産があるのにも関わらず「債務が支払えない」と主張されても、まるで筋が通りませんからね。

資産状況の確認の方法の一つに「不動産調査」があります。債務者の住所が分かっていれば、「不動産登記事項証明書」が有料ですが取得できます。それを調べる事により、債務者の住居が「持家」なのか「借家」なのかが分かります。もし借家のようならば、「本当に債務が支払えないのかも」という予想ができるわけです。債権者としてはその他にもあれこれと債務者の資産状況を確認したいものですが、「限界がある」事は認識しておきましょう。

弁護士に相談すれば、弁護士は必ず債務者の資産状況確認を実施します。その上で、どうすれば債権回収が実現できるか、対策を考えてくれるのです。債権者本人による債務者の資産状況確認は、あくまで最低限度に留めましょう。